キャッシング・カードローン知識

キャッシング・カードローン知識

収入の3分の1しかくめないキャッシング

前はバブルというのもあり、日本の景気がとても良かったから、みんなカードを3枚以上は持っていた。

 

カード会社も作ってくれと、いくらでも案内がきていた。

 

銀行さんも作るように勧めてくれていた。地方銀行でも。

 

だから、キャッシングに抵抗がない人は多い。

 

でもカードを使いすぎると良くない。

 

バブルがはじけた後、あちこちの会社が倒産に追い込まれ、銀行もそのあおりを受けた。

 

そこで政府が貸し出しは利率を18%より上げたらいけないと決めた。

 

そして、その人の収入の3分の1までしか、キャッシングは組めないように、全部がわかるような仕組みを組んだ。

 

だから普通のOLだと毎月13万円入るとして、その一年の総額を計算して3分の1の額までということです。

 

これは、他のカードも合わせてトータルで3分の1です。

 

支払い能力がないのに貸せない、ということです。

 

ここら辺は厳しくチェックが入っています。

 

カードを5枚持っていても、向こうは連携してわかるようになっています。また、そういった、わかるような仕組みに変えました。

 

だから、よそとの合算もうそをついたって、すぐにわかりますから、作るとき正直に申告した方が身のため!

 

信販系の会社も全部一律18%より上では金利を設定したらいけないように変わったはずです。

 

 

 

ですから、個人の身を守ってくれるという意味において、ありがたい制度です。

 

 

 

前はもうハッキリ言ってメチャクチャで高い金利で貸す消費者金融は金利釣り上げて不当に儲けていました。

 

それも法律で罰せられる事になりました。

 

それで、コマーシャルで「債務なし」(ない、全部支払ったのに取られている) をよくやっているわけです。

 

正しい金利では、その人は支払いすぎている、という事です。

 

 

 

これから先はそんなには被害者は出ないと思います。

 

消費者金融激甘審査のことなら極甘審査ファイナンスsarakane.info

 

 

 

 

 

 

 

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ